さっちゃんの一周忌供養とすてきなクリスマスプレゼント

さっちゃん、お元気ですか?さっちゃんが虹の橋を渡ってから、昨年12月24日でちょうど一年が過ぎました。僕はさっちゃんと2週間しか一緒に暮せませんでしたが、今でもさっちゃんのことは忘れません。あの楽しかったさっちゃんとの日々が、今でも僕の脳裏に焼きついています。

12月初めに、さっちゃん、たーちゃん、初代ガンバさんの供養のため、僕の飼い主達がお花や猫缶、焼きがつお、お菓子等をもってお寺へ行ったのですが、さっちゃんたちは受取ってくれたでしょうか?僕はまだにんげんが怖くて固まってしまうので、一緒にお寺へ連れて行ってもらえませんでしたが・・・


otera


さて、その12月24日のクリスマスイブの朝、アメリカに住むまかないさんとモンちゃんから、とっても素敵なプレゼントがカードと共に届きました。まかないさんとモンちゃん、こんなにたくさんの贈り物、本当にありがとニャン!僕たち現世に生きている猫たちはチョコレートやビスケットは食べられないけれど、さっちゃんたちはきっとお供え物の「気」を食べて元気に飛び回っていることでしょう。


gift


そして、まかないさんとモンちゃんから可愛い年賀状もいただきました。モンちゃんはラップランドの衣装を身にまとい、とっても可愛く描かれています。彼女は確か僕と同い年(5才)だったと思いますが、きっと僕たちは良いお友達になれるのでは・・・。だって僕たちは、さっちゃんが僕に教えてくれたニャン生(猫生)訓そのものだから。「オトコは愛嬌、オンナは度胸!」モンちゃんの記事を読んでいると、何となく頼りになるしっかりものの女の子という印象を僕はもちました。モンちゃんは迷惑?
(追記:モンちゃんの飼い主さんによると、モンちゃんは8才とのことでした。僕より年上の女性ですか・・・憧れるにゃ〜。)


nenga


さて、さっちゃん、僕もさっちゃん本舗の営業を一部引継いで、毎日仕事をしています。その仕事とは、朝、爪を立てないで飼い主を起こすこと。この飼い主がなかなか起きないこともあるけれど、その時は僕が考えた必殺技で簡単に起こしてしまうんだにゃ〜。これは秘儀なので、僕が虹の橋を渡った時にさっちゃんにだけ教えますね。

収入はさっちゃんの場合と同じ、毎日最低10円入ってきます。だけど必殺技を使って起こした時は倍の20円にするよう、目下飼い主と交渉中です。僕は今減量中で、療法食がほとんどですが、このお金で時々僕の大好きな焼がつおを買ってきてもらい、食べています。アメリカのモンちゃんは焼きがつおを食べたことがあるのかニャ〜。今度送ってあげようかな・・・

ではさっちゃん、またお便りしますね。たーちゃん、初代ガンバさん、その他のニャンコちゃんたちにもよろしく伝えてニャ。はるかかなたの異次元の世界からたくさんの愛を込めて!

ガンバ(2世)より
(平成27年1月19日)